ハウスメーカーを知るために資料請求は絶対するべき

資料請求している様子

新築を建てる場合、最初に行うのは情報収集です。住宅は人生で一番大きな買い物とも言われており、失敗したからと言ってすぐに直すことはできません。そのため気になるハウスメーカーの情報を集めるために資料請求をすることが大切です。

ハウスメーカーから情報を集めるには、実際にモデルハウスや住宅展示場に行ってもらう、ハウスメーカーの公式サイトから資料請求をする、まとめサイトや住宅情報誌を活用し、カタログをまとめて送ってもらうといった3つの方法があります。ハウスメーカーが数社に絞られている場合は公式サイトから請求を行ったほうが良いのですが、まだその段階ではなく、どのような会社があるのかどういった特徴があるのかを幅広く知りたい場合はまとめサイトや住宅情報誌からまとめて資料請求を行ったほうが良いです。

資料請求を行うと写真付きの施工例や物件に関する情報が届きます。間取りの図面や設備、その設備や仕様に関する金額の他に、実際の施工事例が掲載されている冊子が入っており、そのハウスメーカーの特徴をすぐにつかめることができます。また、家づくりをどのように進めたらよいのか、家を建てた後の節約アイデアやヒントなどの生活に密着した情報も含まれていることがあり、様々な知識を得ることができます。設備の情報も多く掲載されているので、今後のヒントとなりますし、一度に多くの資料の請求をすることにより、他社との比較をすることもできるため、選びやすくなります。

なお資料請求を行った場合、のちに電話などがかかってくるのではないか、と感じますが、まとめサイトから取り寄せた場合はかかってくることはほとんどありません。ハウスメーカーから直接取り寄せた場合は、電話や訪問はしないでほしいと伝えることによって、連絡をしてくることを止めることができます。

ハウスメーカーから資料を取り寄せると住宅のカタログのようになっており、今はどのような住宅が多いのか、外壁にはどのようなものが使われているのかがわかります。さらに庭の写真も掲載されているので、外構工事の参考にすることも可能です。さらに資料請求をすることで、予算と価格があっているか、住宅の性能はどのようになっているか、アフターサービスは充実しているかなどより具体的なことがすぐにわかります。この資料で見たことを頭に入れてからモデルハウスに行くと、違った視点で見ることができ、より冷静に判断できるようになります。